■ 常染色体優性遺伝の特徴
  • 原因遺伝子が常染色体に存在する
  • 発症個体を生んだ両親の少なくとも片方の親が発症個体であるはず
  • 発症個体はヘテロ接合体(Aa)で存在することが多い
  • 発症個体は各々の世代に存在する
  • オスとメスは同等に罹患する
  • 発症していない個体は遺伝子型も正常である


■ 常染色体優性遺伝の分離比
A:変異遺伝子  a:正常遺伝子

  ヘテロ接合体の発症個体と正常個体を交配した場合
 
  • Aa:aa=1:1
  • 50%の子が発症
  • 50%の子が正常

  □ ホモ接合体の発症個体と正常個体を交配した場合
 
  • 100%の子が発症 

  □ ヘテロ接合体の発症個体同士を交配した場合
 
  • AA:Aa:aa=1:2:1
  • 75%の子が発症
  • 25%の子が正常 

■ 常染色体優性遺伝による遺伝病を回避・淘汰するために
  両親ともに表現型が正常な個体を交配に用いることが原則。左図のように変異遺伝子(A)は後世に伝播されない。 


ページ内容の無断転載を禁じます。転載・引用の際にはご連絡ください。

BACK