表皮剥離性角質増多症

常染色体劣性遺伝

ケラチン10遺伝子の点変異により、スプライスドナー部位が消失し、異常なmRNAが生成される。ノーフォークテリアでこの変異が同定された。